店舗のご案内

くらしき桃子 倉敷本店

当店は、1Fではフルーツを使用したお土産品を販売しフレッシュジュースやジェラートのテイクアウトが出来、2Fのカフェでは、旬のフルーツを使った人気のフルーツパフェやスイーツを西洋アンティークのエミール・ガレの作品を眺めながら食べられる空間となっており、優雅なひと時をお過ごしいただけます。

住所 倉敷市本町4-1(倉敷珈琲館 右隣)
TEL 086-427-0007
アクセス 電車 : JR山陽本線倉敷駅より徒歩約13分
営業時間 月曜日~土曜日 10:00~18:00(11月~2月は~17:00)
日曜日・祝日 9:30~17:30(11月~2月は~17:00)
(カフェは閉店の30分前がラストオーダーとなります)
定休日 無休
席数 43席
駐車場 無し
地図
Facebookページ https://ja-jp.facebook.com/kurashikimomoko
外観写真

くらしき桃子 倉敷中央店

2016年3月18日 NEW OPEN! 素材・生地・クリーム・フルーツ全てにこだわった、くらしき桃子の新たな名物は『黄金クレープ』。美観地区へお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

住所 岡山県倉敷市中央1-1-4
TEL 086-436-7111
アクセス 電車 : JR山陽本線倉敷駅より徒歩約10分
営業時間 10:00~17:00
定休日 無休
席数 10席
駐車場 無し
地図
Facebookページ https://ja-jp.facebook.com/kurashikimomoko
外観写真
外観写真

くらしき桃子「ガレ」へのこだわり

「くらしき 桃子 倉敷本店」では、「エミール・ガレ」のガラス工芸作品を展示しています。

ヴィクトリア朝時代、ヨーロッパを中心に産業革命によって大量生産による安価でありながら粗悪な商品が溢れ、その反発として中世の手仕事に立ち返り生活と芸術を統一することを主張した運動「アーツ・アンド・クラフツ運動」。
「エミール・ガレ」の作品はその美術運動の象徴でもあり、アール・ヌーヴォー「新しい芸術」という19世紀末から20世紀初頭に開花した国際的美術運動にも大きな影響を与えています。
1つ1つ丁寧に手作りにこだわったものが多く、そこにかける私たちの想いは、「本物の商品」をお客様にお召し上がり頂きたいということ。
手間をいとわず、また自然の彩を大切にする・・・手工芸と、自然花や植物など有機的なモチーフから着想を得たガレの作品にこだわることにより、「くらしき 桃子 倉敷本店」の商品づくりの象徴としています。

「くらしき 桃子 倉敷本店」店主

PAGE TOP